高校生になって20cm程度身長が伸びた例

中学3年生で身長がとても低いとこれから先のことが心配になってしまいます。
ですが高校生になって身長がぐっと伸びた例というのはたくさん出ています。

140cm台しかなかった身長が165cmまで伸びたということでこのような例がありました。


私の旦那さんは、中三まで身長が140センチ台でした。
旦那のご両親はお父さんが156センチくらい、お母さんが158センチくらいです。

幼稚園の頃~中学生まで本当に同じ学年の子とは思えないほど飛び抜けて小さかったです。

でも高校生になってから突然伸びはじめ165センチまで成長しました。決して大きくはないけど普通です♪

ちなみに牛乳は大好きですよ。男の子の成長期は十代後半に来ることが多いのでまだそこまで心配されなくても大丈夫だと思います(^ω^)

引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1032180080


最終身長が165cmですので高校生になって人より大きくなったというわけではありませんが、140cm台だった身長が165cmになるのは大きな違いがありますよね。

160cm台の人が170cmや180cmになったというわけではありませんので、そういうことを狙っている人にとってはこの例は当てはまらないものになってしまいますが、本当に身長が低くてもあとでそこそこに伸びる例というのは心強い参考になるはずです。

身長が伸びる時期はいつになるかはわかりませんし、いつでも伸ばせるように準備をしておきたいですよね。

もちろん、145cmが165cmになるという話だけでなく、155cmが175cmになるようなことも十分に考えられます。



身長をもっと伸ばしたいということであればサプリメントを利用するのもおすすめです。
以下の記事を見てみてください。

⇒ 身長を伸ばすサプリメント 高校生ランキング
 


※記事では高校生とありますが中学生でも問題はありません。


 

高校生になってから身長が20cm以上伸びるような例はある


高校に進学すると、多くの人が身体の変化に直面します。特に目を引くのが、身長の伸び。一般的には、成長期が終わると身長はあまり伸びないとされていますが、高校生になってから驚くほど背が伸びる人もいるんですよ。これはまさに「成長の奇跡」と言えるでしょう。

確かに、20cm以上身長が伸びる高校生は珍しいかもしれないケースですが、実際にそうなる人もいます。身長には、遺伝や生活習慣が大きく影響しますが、その他の要因も関わっているかもしれません。

まず、遺伝的な要素が大きいです。家族の中に背の高い人がいれば、高校生になってから急激に身長が伸びる可能性があります。

次に、生活習慣や栄養も重要。バランスの取れた食事と十分な栄養は、健康な成長に欠かせません。高校生活は忙しいですが、栄養バランスを崩さずに、休息と栄養補給に気を配ることが大切です。

また、運動やストレッチも身長の成長に貢献します。筋肉の発達や骨の成長を促す運動は、身長の伸びに効果的。バスケットボールやバレーボールなどのスポーツは、特に身長を伸ばすのに良いですね。

ただし、身長の成長には個人差があり、20cm以上伸びる人はやはり少ないかもしれません。多くの人は成長期が終わると身長の伸びは少なくなります。ですから、身長の成長が気になる場合は、健康的な食事、運動、休息を心がけ、必要に応じて医師の助言を求めると良いでしょう。

高校生で20cm以上身長が伸びるのは驚異的ですが、そういう例もあるということは、成長の可能性は無限大。健康な生活習慣を維持し、自分の成長を信じましょう。
 
このような例も見つかりました。140cm程度から167cmまで。これもなかなか凄い例ですね。

このような例が出てくると20cmも絶対不可能というわけではないと感じられてきます。

さらに以下のような例も見つかりました。
 
160cmくらいから180cmくらい。かなりの身長アップですよね。平均以下から一気に背が高い人になってしまいました。こういう例は決してないとか、極端に珍しいというわけではないのです。

140cm台から165cmになるということであれば現実的に十分ありえる

140cm台から165cmまで身長が伸びる可能性というのはどうかということ。

もちろん、140cm台から165cmまで身長が伸びるというのは、現実的に十分あり得る話です。高校生になると、成長期の真っ只中にいるため、身長が20cmほど伸びるのは、決して珍しいことではありません。特に、適切な栄養や運動、休息を心掛けていれば、このような大きな成長を実現する可能性はさらに高まります。

成長期には、骨の成長板がまだ閉じていないため、身長が伸びやすい状態にあります。この時期に十分な栄養を摂取し、バランスの良い食事を心掛けることで、身体は必要な素材を得て成長を促します。また、カルシウムやビタミンDなど、骨の成長を支える栄養素も重要です。

運動も成長には欠かせません。特に、全身を使うスポーツや、ストレッチなどの体を伸ばす活動は、身長の成長を助けると考えられています。適度な運動は筋肉を強化し、骨格の発達を促進します。

そして、十分な睡眠も大切。成長ホルモンは主に睡眠中に分泌されるため、質の良い睡眠を確保することが成長には不可欠です。バランスの取れた生活習慣0維持することで、140cm台から165cmへの成長は、十分に現実的な目標となり得るのです。

このように、高校生は身体的な成長の大きなチャンスを迎えています。健康的な生活習慣を心掛け、成長を最大限に引き出しましょう。

今の身長が低いからといって伸ばすことを諦めるのは良くない


今の身長が低いからといって、伸ばすことを諦めるのは良くありません。身長は、ただ単に数字で測られるものではなく、個々人の成長や発達の過程を示しています。特に高校生のような成長期には、身長が伸びる可能性がまだまだたくさんあります。そこで、自分の身長に自信を持ち、成長のチャンスを活かしましょう。

まず、身長が低いと感じている場合でも、まだ成長期にいる高校生は、これから十分に伸びる可能性があります。遺伝的な要素も影響しますが、生活習慣や健康状態も重要な役割を果たします。つまり、現在の身長が低くても、今後の生活習慣によっては、十分に伸びる可能性があるのです。

身長を伸ばすためには、バランスの良い食事が重要。特に、成長期に必要な栄養素をしっかりと摂取することが大切です。カルシウムやビタミン、タンパク質を豊富に含む食品を選び、栄養バランスを意識しましょう。

また、適度な運動も身長の成長を促進します。全身を動かすスポーツや、ストレッチなどが効果的です。これらの活動は、骨や筋肉の健康を維持し、身長の伸びをサポートします。

そして、睡眠も非常に重要。十分な睡眠を取ることで、成長ホルモンの分泌が促され、身長の成長に役立ちます。質の良い睡眠を心掛けることで、成長の可能性を最大限に引き出すことができます。

身長が低いからといって諦める必要はありません。成長期にある高校生は、まだまだ伸びしろがたくさん。健康的な生活習慣を送り、ポジティブな姿勢で成長の可能性を信じましょう。自分の身長に自信を持ち、成長を楽しむことが大切です。


 

まとめ


ここまでの話をまとめてみます。

・成長の可能性
高校生になると、多くの若者は身長が急激に伸びる可能性があります。140cm台から165cmまで伸びる例は、成長期の真っ只中にいる高校生にとって十分に現実的です。身長の伸びは個人差があるものの、健康的な生活習慣によって、大きな変化を経験することもあります。はじまりがもっと高ければさらに伸びていく可能性もあります。

・遺伝と生活習慣の影響
身長は遺伝的要素と生活習慣の両方に大きく影響されます。栄養バランスの良い食事、適切な運動、そして十分な睡眠は、身長の成長を促進します。

・運動と栄養の重要性
全身運動やストレッチ、そしてバランスの取れた食事は、身長の成長に寄与します。カルシウムやビタミンDなどの栄養素は、特に重要です。

・睡眠の役割
良質な睡眠は、成長ホルモンの分泌を促進し、身長の成長に欠かせません。十分な睡眠を取ることが、健康的な成長には必要です。

・前向きな姿勢
現在の身長が低いと感じても、諦めることなく成長の可能性を信じることが大切です。成長期にある高校生は、まだ伸びしろがあり、健康的な生活習慣を送ることで、身長を伸ばすチャンスを最大限に活かせます。

・サプリメントの利用
身長を伸ばしたい場合、サプリメントの利用も一つの方法です。ただし、使用する際は安全性や効果について十分に調査し、必要に応じて医師の助言を求めることが重要です。

このように、高校生になってからの身長の伸びは、遺伝的要素、生活習慣、そして前向きな姿勢に大きく左右されます。健康的な生活習慣を心掛け、成長のチャンスを最大限に活かしましょう。



身長をもっと伸ばしたいということであればサプリメントを利用するのもおすすめです。
以下の記事を見てみてください。

⇒ 身長を伸ばすサプリメント 高校生ランキング